◆◆◆ 掲示板 ◆◆◆

先日は久々の予約ゼロでゆっくりと夜を過ごせるかと思いましたが、小屋に戻るとお客様が・・・。
宿泊1名、テント1名にお泊りいただきました。
でも、こんな遠くまで泊まりに来てくれるのですから。本当に有難いことです(^.^)

連休前半はボランティア3人がサポートに来てくれて、総勢4人で賑やかな人員となりました!
盆の宿泊自体はそれほど多くはありませんでしたが、通過、飛び込み、五右衛門風呂その他で忙しさそこそこ。盆らしさを少しは体験できました。

スタッフも昨日までに全員下山。
テントの連泊も出発していき、今日の予約はゼロ。
静寂の池の平に戻り、喪失感を満喫しております。

前半のお盆休みも終わり、後半は台風が来るみたいなので、今度こそ休めそうかな?

上の画像は数日前の晴れの日。
一人だと大変な布団干しも、相棒がいると楽しいばかり♬

テント場に残っていた雪も、昨日ついに消滅しました!
池ノ平小屋のテン場は、この山域では数少ないヘリポートにもなっています。
テントを撤収したら使った石を戻していただけると助かります(^^;

池ノ平小屋の例年のパターンだと、シーズン前半はお客さんが一人も来ない平日が多く、秋の紅葉の季節が近付くにつれてどんどん登山者が増えてくると聞いていたのですが・・・
ここのところ、ずーーーっとお客様にお越しいただき、連日夕食だ!朝食だ!と動き回っておりました。
スタッフが大勢いる小屋であれば嬉しい限りなのですが、従業員は私一人(^^;

「休みが欲しい~(/>_<)/!」

そして今日やっと、予約ゼロの日がやって参りました!
お客様には来て欲しい気持ちもありますが、心の中では「来ないで...」と願う本日であります。

昨日は小屋が流されてしまうんじゃないか!?と思うほどの夕立が池ノ平を襲いました。
と思ったら一気に雨はやみ、今度は青空が!
平ノ池を見下ろすと大雨の影響で満水状態!!

思わず仕事そっちのけで見に行ってしまいました(笑)
いつもは水がない場所にまで水が溜まっています。

池の周りは本当に気持ちがいい♫
あまり整備はしていませんが一周することが出来ます。

平ノ池から小屋のあるコルを見上げています。
散歩をするにはちょうどいい距離です。

良い天気が続いているのに今日はゼロ。
皆さん来なくていいんですか~(笑)

お陰様で連日泊りのお客様にお越しいただき、この季節にしては賑わっている池ノ平小屋です。
秋の予約も入り始め、9月14日の宿泊については満室となりました。

非常に小さい小屋ですので、受け入れできる人数にも限界があり、9月14日の予約はひとまず打ち切りと致しました。
飛び込みのお客様もお断りする状況になると思われますので、宿泊を希望のお客様は必ず事前連絡をお願い致します。

お客様のご都合でキャンセルが出る可能性もありますので、キャンセル待ち枠を設けます。ご予約いただければキャンセルが出た時にこちらよりご連絡させていただきます。

晴天が続き、気持ちよい景色を連日楽しむことが出来ています。

少しでもフカフカな布団で気持ちよく寝ていただけるように、暇がある度に布団干しをしてお客様をお待ちしております(^^)

小屋から池ノ平山へ登る登山道を15分ほど進んだところにあるお花畑のチングルマが一斉に開花しました。
今年は雪が遅くまで残りましたので、「待ってましたー!」とばかりに一気に花開きました。

チングルマの花と草原と剱岳の岩峰。
見事な景観です。
小屋から僅か15分ほどの場所なんですけどね・・・。
ここまで遊びに来る人は本当にレアです・・・(;^ω^)

週末は多くの登山者に泊まりに来ていただき、賑やかな週末となりました。

画像は今朝の平ノ池から見上げた剱岳です。
平ノ池の周りはほぼ雪が溶け、緑の絨毯のようになりました。
風の弱い日は剱岳が鏡のように映り込み、とても綺麗な景色を楽しむことが出来ます。

池ノ平小屋に来るお客さんは夕方到着し、池にも展望台にも池ノ平山にも行かずに帰っちゃうお客さんが結構多いんですが、それは本当にもったいない事です。
池ノ平山はけっこう時間が掛かりますが、平ノ池なら数分歩けば着きますので、是非とも足を運んでもらいたい場所です。
この場所に来るだけでも、池ノ平の良さはかなり感じてもらえると思いますよ!

出来れば連泊していただいて、午前中は池ノ平山。午後は展望台と平ノ池・・・なんて楽しんで行ってもらえると最高です。

数日前から北方稜線で行方不明者が出ています。
今日も昼間に県警のヘリが小窓辺りでホバリングしながら捜索していました。

剱岳北方稜線は滑落などもありますが、道迷いによる遭難もとても多いルートです。
間違っている踏み跡がとても多くある為、ガスっている日に初めて歩くのはかなりのリスクがあります。
ガイド同伴や、経験者がパーティにいる場合以外はガスって視界がない日は諦める選択が賢明です。

命に別状なく見付かってくれる事を祈るばかりです。


これぞ池ノ平の夏!って感じの景色。

まだテント場付近に少量の雪が残るものの、小屋の前の雪はすっかり融けました。
イスを出してきて八ッ峰・チンネの景色をのんびりと観賞♫

台風が迫って来ているらしいですが、どうやら池ノ平の辺りはかすめる程度で済みそうな気配。
北も南も本当に素晴らしい青空です。

あまりにも天気がいいものだから池ノ平山まで登ってきました。
高山植物の花はこれから。と言う感じでしたが、池ノ平山のお花畑から見る草原越しの八ッ峰・チンネの景色は格別です。

長い梅雨空にうんざりしていた事をスッカリ忘れてしまうような景色!
楽しくて仕方がないような一日でした。

画像は7月24日の池ノ平です。

やっと梅雨が明け、夏らしい青空を見ることが出来るようになりました。
本当は7月5日に荷上げされる予定だった最後の荷物がようやく到着しました。
予定からはほぼ3週間遅れての到着...
食材などは先に到着していて、来ていなかったのは燃料だけ。
燃料は充分余裕があったので後回しでも特に問題はありませんでした。
東邦航空さんも「食料だけはなんとか!」と、雲の切れ間を縫って各地を飛び回っていたようです。
お疲れさまでした。
毎日ヘリポートへ通ってくれた池ノ平小屋のスタッフの皆さんも本当にお疲れさまでした(^^)

さて、今週末からはいよいよ夏山スタートですね!
予報も悪くないので、週末に来るお客様は綺麗な景色を見ることが出来そうです。

21日、鉱山道の途中にある剱岳展望台の草刈りに行ってきました。
ここ数年間はそのままだったので道が分かりづらくなっていました。

剱岳の眺めは池ノ平小屋の前からでも素晴らしいのですが、展望台まで行くと近さが違うので迫力がグッとアップします!
眼下には氷河である小窓雪渓も覗き見ることが出来ますので、早く到着したお客様は散歩ついでに訪れてみると良いと思います。

小屋から剱岳展望台へは、鉱山道を15分ほど進むと尾根を越える場所に分岐があります。
分岐を左に曲がって小道を1分ほど進むと展望の開けた広い場所に出ます。

21日は曇り空でしたが、青空が広がる日には八ッ峰やチンネ、小窓雪渓の展望が素晴らしい場所です!

雲切新道下部にある仙人谷の丸太橋が7月18日に架かりました。
昨日の大雨でも橋は流されずに済んだようなので、今週末の通行は大丈夫でしょう。
これで室堂からも、黒四ダムからも、宇奈月温泉からも池ノ平小屋まで入って来れるようになりました。

雲切新道ルートは仙人温泉小屋の下の徒渉点はまだ雪渓がある為、橋は架かっていません。
スノーブリッジ横断の際は充分ルートを見定めてから通行するようにお願いします。
7月16日に通過した際は徒渉点の少し下に穴が開き始めていました。

画像は7月20日の池ノ平です。
小屋から15分ほど池ノ平山へ登ると、仙人山の東に後立山の稜線を眺められるお花畑に出ます。
遠くに見える尖った山が鹿島槍ヶ岳。

この辺りはauだけですが電波が入ります。

今年は天候不良でヘリが飛ばず、食事を提供できていない小屋もあるのだとか・・・

池ノ平小屋は運よく雲の切れ間からヘリが飛んできてくれて、食材も資材も無事到着。
滞りなく小屋開け作業を終えることが出来ました。

予約の電話も増えてきております。

来週あたりからは梅雨明けするような声も聞こえてきましたので、天気が良くなると雪も一気に無くなって花の季節がやってきます。


7日に無事小屋入り、小屋開け準備は順調に進んでおります。
13日からの営業予定です。
チンネのモルゲンロート
後立山の朝焼け
天候不良でなかなか小屋入り出来なかったですが、本日宇奈月温泉から池ノ平小屋へ出発する事になりました。

なんと、荷揚げヘリが本日急遽飛ぶことになり、ヘリが来る昼頃までに小屋入りしておかなくてはいけないと言うドタバタ状態での入山です(^^;)
果たして間に合うのか!?

※今後の予約、お問い合わせは小屋直通電話へお願い致します。